注文住宅を建てるために苦労したこと

注文住宅は家族の好みに合わせてデザインや間取りを決めることができて便利ですが、実際には建売住宅よりも価格が高くて住宅ローンをする際にも引き渡し後からしか適用されないなど制限があります。依頼先を選ぶ時はデザイナーなどプロになれば高くなり、複数のハウスメーカーや工務店に見積もりを行いました。結果は同じ要望でも完成するまでの期間やかかる費用に大きく差があり、安い方法を選ぶといけないと担当者に言われたものです。

注文住宅は土地の確保など様々な出費が必要で、住宅ローンは引き渡し後に審査があるため金銭計画を建てるために苦労しました。依頼先は信頼や実績があることを確かめて決めないと要望を伝えにくく、食い違いが発生しやすいため慎重に選んだものです。家を建てる時は通勤や通学などに便利な場所を選びたいものですが坪単価が高く、不動産会社と相談して決めることにしました。注文住宅はオーダーメイドの家のため愛着を持てますが、面倒なことが多くて苦労したものです。
ただし、住んだあとはとても満足度が高いのも、注文住宅ならではです。